早く知っておくと「得」するかも話

未来から見たら現在は大したことない

未来から考えると、現在と過去の捉え方が変わるそうです。

現在や過去に「就職に落ちた」と思ったことも、
未来から見たら、「そこで落ちていたから定職に就かずに起業できた」とか。

過去、就活でケチョンケチョン。でも未来はガッツポーズ!

例えば、
過去に就活したものの全く決まらなかった。

当時はすごく落ち込んで
自分を「ダメな人間だ」と卑下した。

そこから数年たち、
今は起業して成幸している。

これって、未来から見れば過去、就職できなかったから起業できたと捉えることができますよね。

未来から見たら、その過去があったから起業大成功の未来があるのです。

今がダメでも必ず上昇できる

もし今、落ち込んでいたり、困難な場所にいたとしても、それが死ぬまでずっと続くかというと、それは絶対にありません。

早くて数ヶ月、遅くても数年で必ず運気は上昇していきます。

実際に私もそうでした。

借金はしているもの、本当のどん底「返せる?」or「返せない?」の生きた心地のしない期間は1年ぐらいでした。

その1年間は自分や家族がどうなるか本当にわかりませんでしたが、それでも今はとっても穏やかに幸せに生きることができています。

辛いときや悲しいときは時間が長く感じることもありますが、それでも必ず光が見えてきて脱出できるのです。

捉え方は本人次第

師匠:村本直さんにもよく言われていましたが、物事の捉え方は自分次第。

未来軸から見たら、現状がうまくいっていなくても、それが糧になって理想の未来をゲットしているかもしれない。

何か気の落ち込むことがあったり、生きた心地のしない最悪な状況だったとしても未来から見たら、それは未来をよくするための修行なのかもしれない。

ときどきこの話、思い出してみてくださいね。

村本直さんと出会ったことで私の借金人生が180度好転した話

-早く知っておくと「得」するかも話

© 2021 感謝が貯まるノート Powered by AFFINGER5